読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

好きなこと、好きなだけ

月曜日。

ゴールデンウィークが明けた。

休み明け、電車内にはスーツさんがたくさんいる。

 

そんな中、私は大学をサボって、東京にいる。

ゴールデンウィークの混乱を避けた。

 

家路につくスーツさんたちは、疲れた顔をしている。

 

きっと今日、同僚に

「5月病だわ。」

とでも言ったのだろう。

 

 

そんなお疲れ様ムードの中、

 

私は、自分のスーツケースに貼ったステッカーに気付いた。

 

 

 

 

「I don't like Mondays.」

 

 

 

 

おそらく、私は

すれ違った東京の皆さんに嫌われたと思う。

 

 

アーティスト名です…よ?

 

 

2017.5.8

 

 

花髑髏。

劇団☆新感線

「髑髏城の七人 〜season花〜」

 

f:id:yunaa62:20170508185353j:image

 

観て来ました。

 

興奮冷めやらぬままに

文字に起こしておこうと思います。

 

 

まず、なんといっても劇場の凄さ。

IHI ステージアラウンド東京」

 

f:id:yunaa62:20170508185400j:image

 

今年度、新たに豊洲に完成した新劇場。

360度全てに展開される舞台、回る客席。

 

初めての体験に、最初動いたときは驚き、

隣のお客さんと目を合わせるほどでした。

 

決して、動きの激しさへの驚きではなく、

今までに体感したことのない感覚への驚き。

まさか、客席が回るなんて。

 

 

このシステムのおかげで、

場面転換の概念が変わりました。

 

客席を回せば、違う風景になる。

 

雨は降り、川が流れる。

 

舞台セットの移動もいらないから、

今までにないリアルな空間が出来上がる。

 

客席が回るたびに現れる異なるセットに感動しました。

座席に座っていると、自分がどこからどこまで動いたのか、今どこを向いているのか、見当もつきません。

 

360度の舞台の中に、いったいいくつの風景があったのでしょう。

次のシーンが予測できず、物語についていくのに必死でしたが、楽しかった。

 

 

そして、物語。

ネタバレは嫌いなので、詳しいことは控えますが。

 

なんといっても、

古田新太さんの存在感の大きさに圧倒されました。

 

私は、この公演を観る前から、

古田新太さんが好きでした。

実は誕生日が一緒で、凄く嬉しいのです。

 

好き、という表現で合っているのか分かりませんが。

 

初めて観たのは、記憶のある中では

「夢をかなえるゾウ」のガネーシャで。

最近では「関ジャム」の古田支配人。

 

どういう場面でも醸し出される雰囲気に惹かれていました。

 

そんな古田さんが、登場した瞬間に拍手が起き。

一つ一つの台詞にお客さんは反応し、笑う。

 

待ってました!と言わんばかりに

お客さんが笑顔になるのが、暗い客席でも分かりました。

 

手を伸ばせば舞台に届きそうな距離だけれど、

その存在を遠くに感じました。

 

また、圧倒されたいと思います。

 

 

古田新太さんだけでなく

一人一人の方について語りたいのですが

きっと長くなるので、止めておきます。

 

他にももっと感じることはあるのですが、

また落ち着いて、気が向いたら。

…きっとそのままになるので、気になる方は聞いてください。(笑)

 

 

とにかく、良い舞台でした。

こんな平凡な一般人が語るのもどうかとも思いますが。

 

season花が終わり、次はseason鳥。

 

次公演のチケットももう入手済みですので

またその公演を楽しみに、日々過ごしたいと思います。

 

 

ああ、もう一度、花髑髏、観たいなあ。

 

 

2017.5.8

 

ジャニーズ大運動会。

人生初、東京ドームに行ってきました。

 

「ジャニーズ大運動会2017」

 

f:id:yunaa62:20170416210546j:image

(終演後、人に埋もれて撮った1枚。)

 

それほど深く語れる身ではないけれど、

感じたことを少し、書き留めてみようと思います。

 

 

 

今回の出演者は、

 

今井翼タッキー&翼

上田竜也KAT-TUN

中丸雄一(KAT-TUN

Hey!Say!JUMP

Kis-My-Ft2

Sexy Zone

A.B.C-Z

ジャニーズWEST

中山優馬

 

Mr.KING

Prince

HiHi Jet

東京B少年

SixTONES

Love-tune

Travis Japan

 

ジャニーズJr.

 

と、豪華なメンバー。

 

 

深夜テンションで申し込んでしまい。

さらに当たってしまい。

 

もうこんな機会、二度とないかも!

と、東京へひとっ飛び。

 

 

 

…と、なかなか上手くいかず。

 

朝から飛行機に乗り遅れ。

絶望の中で間に合いそうな便を探し。

どう頑張っても30分は遅刻すると分かり嘆き。

 

どうにかこうにか辿り着いたのは

やはり開演30分後。

 

オープニングのメンバーの登場に間に合わず。

(しかも、開演2時間前からメンバーがウォーミングアップをファンの目の前でやっているのを見れなかった。)

 

ちょっと落ち込みながら会場入り。

 

 

でも、やはり、すごいですね。

一瞬で笑顔にしてくれる、それがジャニーズ。

 

 

私が席に落ち着いたときは、

ちょうど第1種目が始まるところでした。

 

テレビで聞く声がするだけで。

ちょっとした笑い声がドームに響くだけで。

 

ふわっと笑顔になれました。

 

 

 

さて、本題に戻りましょう。

 

私は、こんなにも多くのグループが一堂に会するイベントに参加するのは初めてでした。

(Hey!Say!JUMPと嵐のワクワク学校には行きました。)

 

 

面白いですね。

 

右隣はジャニーズWEST小瀧望くんのファン。

左隣はKAT-TUN上田竜也くんのファン。

 

後ろはKis-My-Ft2玉森裕太くんのファン。

前はSexy Zoneの佐藤勝利くんのファン。

 

ちなみに私は、

ジャニーズWEST神山智洋くんのファン。

 

他にも周りにはいろいろなグループのファンが。

 

グループ毎にファンは変化するようで。

持ち物も、盛り上がり方も、声の出し方も。

 

きっと全然ジャニーズに興味のない人から見れば、みんな一緒なんだろうと思いますが。

 

私からすれば、文化の融合的な雰囲気を感じました。

ジャニーズサミットとでもいいましょうか。

 

面白いですね。

 

 

この大運動会を通して、

初めて生で見たジャニーズがたくさんいます。

 

私が今回の出演メンバーの中で、今までに生で見たことがあるのは、ジャニーズWESTとHey!Say!JUMPだけです。

 

その他のメンバーは、テレビやスマホの画面でしか見たことがありません。

そんなメンバーを一気に見ることができ、興奮の嵐でした。

 

 

特に、普段テレビの露出が少ないJr.の輝きには驚きました。

 

ああ、こんなにも素敵だったのか、と。

ああ、こんなにも愛おしかったのか、と。

 

生の迫力と輝きはすごい。

顔と名前が一致するくらいのレベルだったJr.に、一気に心を持っていかれました。

 

これだから、ジャニーズからは抜けられない。

また生で会いたくなる、またステージを見たくなる。

 

面白いですね。

 

 

 

ここからは、

私が好きな、ジャニーズWESTの7人について。

 

今回の7人の活躍は素晴らしかった。

長くなりますよ。

 

重岡大毅

 

なんといってもベースボール対決。

確実にヒットを打ち、確実に塁に出て、ここぞの場面で、期待通りのプレーを魅せる。

守備だって、ファインプレーを何度も。

野球最優秀賞はPrinceの岩橋くんだったけど、私は、しげが1番輝いていたと思う。

とびっきりの笑顔も、真剣な顔も、どちらも素敵で、目が離せなくなった。

さすが、WEST不動のセンター。

 

 

桐山照史

 

照史くんはやはり、進行の安定感がすごい。

河合くんと2人、当たり前のように進めていたけれど、誰しもが出来る技ではないと思う。

照史くん自身に、飛び抜けて目立ったプレーがあったわけではないけれど、他のメンバーの好プレー引き出したのは、間違いなく照史くんです。

進行しながら盛り上げて、自分も楽しんで。尊敬。憧れる。

 

 

中間淳太

 

すっかり運動音痴が定着している淳太くんですが、唯一出場した競技「障害物ダッシュバトル」で最優秀賞を受賞。本人が1番驚いていましたね。

でも、私は競技ではないところに注目。

応援。

J-Redの応援団として会場を盛り上げただけではなく、自分が出場しない競技でも、裏に戻ったりせず、精一杯応援していました。ベンチから声をかけたり、勝敗に一喜一憂している姿、素敵でした。

同じように競技に出場しないメンバーに声をかけて一緒に応援していたのも印象的でした。同じ関西出身のMr.KINGの永瀬くんと同じポーズで談笑していたのも、微笑ましかった。

淳太くんの優しさ、暖かさが滲み出ていました。

 

 

神山智洋

 

50m走で魅せた俊足で、見事に最終対決のリレーのメンバーに選ばれ、アンカーのポジションに。

バトンパスの練習、チームへの声かけ、真剣な眼差し。どこを切り取っても一生懸命が伝わってくる、そんな姿がかっこよくて。

負けず嫌いな神ちゃんだから、今回の結果はきっと悔しいと思うけど、少しも手を抜かない姿に心を打たれました。

さらに、野球の応援団では、チームに優しい言葉をかけていて。グイグイと引っ張るわけではなかったけれど、その優しさがチームのほんわかした雰囲気、そしてチームワークを生み出したんだと思います。

ジャニーズWESTのおかん、いや、ジャニーズのおかんです。

 

 

藤井流星

 

流星は、いい意味でいつも通りで。変に盛り上がるわけでもなく、普段テレビで見るままの、天然で、あまり喋らなくて。でも華があって。

そんな流星が、PK対決やフリースロー対決で、スッと得点を取ってしまう。

ありのままで、いつものままで、でも時折いつも以上にかっこいい。ファンの期待をいとも簡単に超えて、なぜだか分からないが、騙されたような感覚になる。

ただでさえ、ルックスが100%を超えているのに、求められたことも100%以上にこなす。完璧なアイドル、エンターテイナーだ。

 

 

濵田崇裕。

 

流星とは裏腹に、いつも以上にテンションあげて、いつも以上に空回る。でもそれが、実はファンが求めていたことで。濵ちゃんも、ファンの期待を超えていってくれる。

そして、ギャップがすごい。空回って、空回って、やっぱりね、となったところで、どんっ!とかっこいいところを魅せてくれる。パフォーマンスの振り幅の大きさには驚かされる。

このギャップこそが、濵ちゃんの魅力であり、このギャップがファンを掴んで離さない。

 

 

小瀧望

 

のんちゃんを見ていると、少し悔しくなるときがある。私と同い年だというのに、存在感が違いすぎる。ジャニーズだから、と言ってしまえばそれで終わりだが。

のんちゃんは自分がどういう立ち位置にいるのか、俯瞰で見ているのだと思う。この場面で自分がどう動くべきか。全体の流れを読み、自分がどこに立つべきかを見ている。誰と一緒にいるときに、どういう役割を担うかを判断している。

憶測だが、のんちゃんを見ていると感じる。これが、今、私が1番欲しい力だから、少し悔しくなるのだと思う。

 

 

 

長かったですね。

書いていて疲れました。

 

でも、短くまとめるのは難しくて。

これが、私が今回を含め日頃から感じている7人の姿です。

 

ジャニーズWESTを見ていると、ただアイドルとしてかっこいいだけじゃなくて、尊敬や憧れの気持ちを抱くことが多い。なぜだろうか。

 

きっとこれからも、追い続けるのだろう。

心を掴んで離さない7人の力に、少しばかり身を委ねてみるのもいいものだ。

 

 

 

すっかりジャニーズWESTの話になってしまった。

ジャニーズ大運動会の話だったはずなのに。

 

 

結果、ジャニーズはすごい。

すごいの一言で表してしまうのが申し訳ないくらいだ。

 

ジャニーズが人を惹きつける魅力は語っても語りきれない。

 

またこういう機会があったら、存分に語ろうと思う。

 

 

今日はここまで。

 

2017/4/16

 

1ヶ月。

前回の更新から1ヶ月が経ちましたので、そろそろ更新しません?

 

 

…と、はてなブログさんからメールが来ました。

 

反省しています。

 

 

 

1ヶ月ね、いろいろあったよ。

 

 

まず、大学の卒業式がありましたね。

 

沖縄の文化なのか、なんなのか。

後輩が卒業生に山盛りのお菓子をプレゼントするアレ。

首から下げたり、頭に乗せたり?

 

自分が卒業するときに後輩から何も貰えなかったらどうしよう、と毎年不安になります。

 

2年後、怖いですね。

期待してるからね、よろしくね。(圧力)

 

 

それから、劇団の公演がありまして。

 

「オキナワ・シンデレラ・ブルース」

 

悔しさもありながら、でも、やりきった。

前回は立っていた舞台を降りて、裏方へ。

 

迷いながら、揺れながら。

 

結果、終わってみれば後悔なんてない。

そう思えたことが今回の成果かな、と思ったり。

 

ああ、また役者、やろうかな。

 

 

 

そして、4月になり、いよいよ3年生です。

 

新入生を迎えるために、1週間ボランティア三昧。

最高に楽しい1週間やった、嘘じゃない。

 

久しぶりの学校、久しぶりの仲間。

楽しくないわけがないよ。

 

後輩が増えて。

頼られることが増えて。

 

新入生を見ていると、初心に戻って。

 

老いを感じて。

 

1年の始まり、大切な時間でした。

 

 

 

そんなこんなで授業が始まり、また1週間。

 

専門科目が増えて、ゼミが始まって。

大変だけど、新鮮で楽しい。

 

大学ってすごいね。

刺激がいっぱいで、毎日違う。

 

3年生になったから気付けたことなのか。

ただ、気付くのが遅かったのか。

 

毎日、学校が好きになります。

 

 

あと半分の大学生活。

楽しみで、でもやっぱり不安で。

 

今日明日のことだけでも精一杯なのに。

未来の何十年のことも考えないといけなくて。

 

1人迷宮に落ちたような感覚になることもあるけど。

 

会うだけでスッと心が軽くなる感覚をくれる仲間がいっぱいです。

 

いつもありがとう。

 

久しぶりに会って、改めて思いました。

 

 

なんか、浸ってしまったね。

 

 

 

とりあえず、日々が楽しいです。

 

元気で、笑顔で、幸せです。

 

相変わらず、笑わせて、笑われています。

 

 

いいね。

 

 

 

 

頑張ろう。

 

勉強もそうだし、好きなことも。

 

 

 

「日々是好日」

 

ブログの名前でもあるこの言葉は、

どんな日でも、毎日は新鮮で最高にいい日だ、という意味の禅語です。

 

良い日になりますように、と願っても、その通りにならない日もある。

しかし、どんなことがあっても、この1日は二度とない、かけがえのない1日である。

この一日を全身全霊で生きることができれば、まさに日々是好日となるのである。

 

つまり、好日であるかどうかは自分次第。

 

 

素敵な言葉やね。

 

この言葉を胸に、日々生きようと思います。

 

 

 

 

さて、次の更新はいつになるのやら。

 

またメールが来たら更新しようかな。

(もう、毎週とか、無理や。笑)

 

 

2017.4.15

ちょっと前のお話。

どうも。

 

あっという間に過ぎる1日に驚いて何も言えません。

 

 

それでは、

春休みの前半のお話をしたいと思います。

 

春休みの前半は

 

ジャニーズWESTのコンサートに行く』

『友達の家にお泊まりに行く』

『沖縄でキャンプ三昧』

 

の3本でした。

 

 

 

まず

ジャニーズWESTのコンサートに行く』

 

およそ1年ぶりのWESTのコンサートでした。

去年、ふわっと行ってがっつりハマったのが懐かしい。

 

名古屋公演、1人で足を運びまして。

(個人的に「参戦」って言葉は好きじゃない、なぜ戦いなの?WIN-WINなのに。)

 

 

一言では表せない興奮と感動でした。

(分かる人は分かる、それでいい。)

 

ありがとう。

ファンサも、ありがとう。

 

また行きたい、もう逃れられないと思います。

 

 

 

続きまして

『友達の家にお泊まりに行く』

 

中高の同級生のお友達の家にお泊まりに行きました。

8年間の付き合い。

自分より自分のことを分かってくれる、とはこのことだなあと思います。

 

テレビ見て

ケーキ作って

テレビ見て

沖縄について語り

テレビ見て

ご飯食べて

テレビ見て

 

実家よりもだらけさせてくれます。

ママ、ありがとう。

またすぐ行くから待っててね。

 

 

 

最後は

『沖縄でキャンプ三昧』

 

兵庫から野球好きな同級生のお友達が2人沖縄に来まして。

3泊4日、沖縄キャンプ巡り三昧でした。

 

正直野球にあまり興味はなかったのですが。

あっちこっちと連れ回されているうちにちょっと好きになったような気がしています。

 

名護球場の最後の日に立ち会えたのも良い経験でした。

大谷選手も間近に見れたのも嬉しかった。

サインもたくさん頂いて(ほとんど知らない選手だったけど)凄かった。

 

でも何より、

お友達2人が嬉しそうにしてるのが私にとっては嬉しくて、楽しくて。

 

疲れたけど、濃い3泊4日でした。

 

来てくれて、ありがとう。

また来年も来てね。

 

その前に、夏に来るって言ってたな。

泊まりに行った家のお友達も。

 

いつでも、待ってるからね。

 

 

 

 

そんなこんなで

春休みの前半は非常に充実しておりました。

 

後半は、ほぼバイト、稽古に追われますが。

心地よく4月の新学期を迎えられるように頑張りましょう。

 

 

後半も盛り上がって行くぞっ、いぇあ!

 

 

 

2017/3/13

 

ふとのふってなに?

どうも。お久しぶりです。

 

全然公約守りません、無責任党、冨井祐奈です。

 

 

 

 

日常の中で、ふと思うことがあります。

 

 

例えば、

 

雨の日は1日中暗い。

 

でも、雨なんか降るなと願えば、

かたつむりと傘屋さんと、田舎のおばあちゃんが嘆きます。

 

いずれはみんな嘆きます。

 

雨は大事です。

 

 

 

例えば、

 

マスクをすると世界が狭く感じる。

 

吸う空気が激減して、すごくちっぽけになった気がします、私だけでしょうか。

 

そんなこというとすぐ風邪ひきます。

 

マスクは大事です。

 

 

 

例えば、

 

せめて一生で三大陸くらいは制覇したい。

 

五大陸とか贅沢はまだ言いません。

でも、カナダに一度行ったので、あと二大陸です。

 

そのうち一大陸は新婚旅行がいいな。

 

夢は大事です。

 

 

 

上陸といえば、

今日、父親が沖縄初上陸しました。

…母親が連れて来たようなものですが。

(夫婦仲良く飛行機、いいな。)

 

卒業式で行く、と行っていたような気がしますが、2年前倒しして来ました。

雨降って少し肌寒いのに、暖かいとか言ってごめんね。

 

 

 

長いと思っていた春休みもあと半分くらい。

前半は、楽しくてお金使うことたくさんあった。

また来週、覚えてたら書こう。

 

後半は、演劇の公演がありまして、それなりに忙しい日々になるでしょう。

きっと前半のことなんて忘れるでしょう。

 

 

 

さ、両親との晩ご飯、いっぱい食べよ。

 

2017.3.6

忘れてて、夜。

問題です!

私は今どこにいるでしょ〜うか!?

 

 

 

…正解は、

 

飛行機の中でした〜。

 (…公開するときにはもう陸です。)

 

春休みになりまして、実家に帰りますわ。

 

 

 

沖縄に住んで、1年に何度も飛行機に乗りますが

 

今回初めてパソコンを機内に持ち込んでいます。

(ちょいと頼まれごとがありまして。)

 

 

できる大人感を出したい!

と思ったのですが、月曜のこの時間帯なわけで。

 

 

 

お隣も、通路挟んでお隣も空席でございます。

(のびのびできていいですね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

…という文章を書いたのが15時ごろ。

 

17時には公開しようと思っていたのに。

 

 

 

23時やん。

 

 

(…時差ぼけ?)

 

(…ただのあほです。)

 

 

 

 

兎にも角にも実家に到着し、

 

暖かい布団の中でございます。

 

 

どんな10日間になるのやら。

 

では。

 

 

 

 

おやすみかんたべすぎておなかくるくるいうてるよ。

 

 

 

(あ、昨日お父さんお誕生日だった、ごめん。)

 

 

 

2017.2.13