読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

好きなこと、好きなだけ

えぶりまんでー。

なんか習慣づけたいと思い立ち。

 

この気ままなブログを、

短くてもいいから、

毎週月曜日に更新したろうかな、と思い立ち。

 

そして、今。

 

 

 

 

ほんのり後悔の念があるぜ。(キラーン。)

 

 

 

 

あほや、ほな今日これ更新すんなよ、ってな。

 

いや、言うところから始まるんや。

(何様よ。)

 

 

 

 

 

 

 

思い立ったが吉日。

 

 

 

忘れてても責めないでね。

(心折れちゃう。)

 

 

2017.1.23

君はまだ、シンデレラさ。

もう軽く過去の話ですが。

 

成人の皆さま、おめでとうございます。

(ありがとうございます。)

 

 

成人祝賀式。

 

大人になりました、世間的に。

20歳で大人…にはなれてない気がしますが。

 

 

20年。

 

何人の人に出逢ったのだろう。

何回自己紹介しただろう。

何人の名前を覚えているだろう。

 

人と関わって生きている。

 

これから何人の人に出逢うのだろう。

何回自己紹介するだろう。

何人の名前を覚えるのだろう。

 

いろんな世界に人脈を広げたい。

どんな人と関わっていくのだろう。

 

面白い大人になりたい。

 

 

 

 

いつから大人になったと自覚するのだろう。

お酒を覚えたら?

就職したら?

結婚したら?

子どもが出来たら?

 

 

いつまでも子どもかも。

…まあ、それはそれでいいや。

 

 

 

 

大人の階段昇る。

 

少女だったといつの日か想う時がくるのさ。

少女だったと懐かしく振り向く日がくるのさ。

 

 

 

 

P.S.

 

シンデレラといえば。

 

3月25日(土)26日(日)

劇団ビーチロック 第12回本公演

「オキナワ・シンデレラ・ブルース」

 

宜しくお願いします。

 

この話はまた今度。

 

 

 

 2017.1.22

おわり、はじまる。

2016年9月24日(土)。

「劇団ビーチロック」の扉を叩いた日でした。

 

前日に行われた特別公演「夏の影」を観たあと。

 

私「一緒にやらせていただけませんか?」

劇「明日は予定ある?時間ある?」

私「明日は暇です。」

劇「じゃあ明日、稽古やるからおいで。」

私「よろしくお願いします。」

 

といった感じで。

 

その時の自分の行動力は過去最高やったな。

褒めたい。

(…あ、そういえば髪がブルーだった、懐かしい。)

 

 

 

それから。

右も左も分からない、というのを初めて体感。

…演劇ってなんだ?

…???

 

 

それから。

「あたしと6人のあたし」発表。

 

まさかの役を頂くことになりまして。

 

最初は裏方から、とかだと思ってたのに。

大阪公演もあるんだ、すごいなあ、って他人事だったのに。(ごめんなさい。)

 

 

 

それから。

 

 

正解も不正解も分からなくて。

何が分からないのか分からなくて。

なんて聞いたらいいか分からなくて。

 

 

公演を終えるたび振り返って。

 

何が反省点か分からなくて。

それもまたなかなか聞けなくて。

できたと思ったのに、ダメだと言われたり。

 

悔しかった。

できない自分が、分からない自分が。

 

元気いっぱいで稽古場に行ったのに、

泣きながら運転して帰った日もあった。

(行きと帰りで流す音楽が全然違う。)

 

お客さんには、役者歴とか関係ないんだ。

早くものにしないと、って焦って。

 

 

 

 

そして、大阪公演。

 

3ヶ月の集大成。

 

恥ずかしいけど親、友達を呼んで。

「これが今の私です。」って、伝えたくて。

 

今までで1番の緊張だった。

でも、緊張もエネルギーに変えて。

 

 がむしゃらに。

 

 

 

 

公演後。

 

友達の笑顔、親の笑顔。

 

「お疲れ様。」

「よく稽古したんやな、頑張ってた。」

 

 

涙が溢れた。

 

感動。感謝。

なんだろう、あったかい。

 

 

 

 

 

 

認めてもらおうなんて思ってない。

まだまだ未熟で、弱い。

 

でも、やっと。

演劇に対する自信がちょっとだけついた。

 

劇団メンバーにも褒めていただき。

(…また、泣きました。)

やってよかった、ってしっかり感じて。

 

 

 

でも、まだ、これから。

 

 

ゴールの先に新たなスタートライン。

 

前進あるのみ。

 

 

しまってこー。

 

 

 

P.S.

徒然なるままに書きつくったので

雑文をお許しください。

 

SNSで共有せんとこ。

なんか、恥ずかしくなってきた。

 

 

 

 

2017.1.9

 

もうすっかり、あけています。

あけましておめでとうございます。

 

この挨拶も、もうあまり聞かなくなった今日この頃。

仕事始め、学校始めですね。

私、大学は既に始まっておりますが、まだ関西におります。

まあ、その理由は後ほど。

 

 

まず年越しのお話から。

 

2年ぶりに年末年始を実家で過ごしました。

(…1年前は沖縄でバイト漬け)

実家はお寺ですので、除夜の鐘を聞いておりました。

…といっても、年越しの瞬間は恒例のジャニーズカウントダウンを見ておりましたが。

 

鐘の音を聞きながら、火を焚いて暖を取り。

地域のおじちゃんたちとお話したり。

寒い中でも心温まる年越しでした。

 

来年もこの年越しがいいな、帰って来ると決めました。

 

 

そして、あけまして。

 

完璧なる寝正月です。

寝正月選手権、堂々の一位。だと思う。

 

実家ならではですね。

怒られずに起こしてくれて、美味しいご飯出てきて。

実家、最高。(…感謝します。ほんまに。)

 

来年もこの正月がいいな、帰って来ると決めました。

(あれ、デジャブ?笑)

 

来年もお母さんのお雑煮とおぜんざいが食べたいんです。黒豆も。

 

 

 

さて、2017年。

いつのまにか始まった、2017年。

 

やっぱり目標を立てることは大切です。

一年の指針ですから。

 

大きな目標と小さな目標を立てました。

(昔、嵐さんの番組でやってた真似っこです。)

 

まず、小さな目標から。

 

「お酒の席を楽しめるようになる。」

 

苦手なんです、お酒の席。

お酒自体にあまり興味もないんですけどね。

なかなか弾けられなくて、楽しい感覚がないんです。

 

せっかく大人になったんですから。

大人にしかできない、交流の場です。

楽しめないと勿体無いと思います。

 

 

次に、大きな目標。

 

「将来のために積極的に行動する。」

 

随分ざっくりしていますが。

大学生活も半分が終わり、徐々に就職を考えなくてはなりません。

アンテナを常に立てておきたいのです。

そして、考えるだけでなく、行動する。

 

自分の就きたい職業のためには、どういう勉強、経験をしておくべきなのか。

考えるだけでなく、行動する。

実際に今取り組んでいる演劇もその一部ではありますが。

説明会やインターンシップに参加したり、

演劇やショーなど多くの舞台、エンターテイメントに触れたり。

 

妥協はしたくない。

時間やお金の問題が邪魔をするかもしれないけれど。

後悔のないように。

 

 

そして、年明け一発目。

この目標達成の第一歩になるであろう、

1月7日(土)、8日(日)の2日間。

 

劇団ビーチロック 大阪公演

「あたしと6人のあたし」

 

未熟ながら舞台に立ちます。

(このためにまだ関西にいたんですね。)

 

全力でやります。

全部終わったら、どんな気持ちになるだろう。

それはまた、終わった自分に聞きます。

 

 

長く、長くなりましたが。

近況報告と2017年の目標でした。

 

さ、やっちゃいますかね。

 

 

P.S.

初詣でおみくじ引きました。

 

「凶」でした。

初めて見ました。

でもショックは受けません。

のびしろしかないんですよ。(ポジティブ!)

 

素敵な一言が記されていました。

「笑う門には福来る」

 

…お笑いでもやってみようかなあ、なんてね。

 

2017.1.6

今年も一年、あ…以下略。

新年の準備が着々と進んでおります。

振り返れる時間も少なくなってきました。

 

今年はどんな一年だったでしょうか。

 

ライブに興奮した春

ホームシックに泣いた夏

花火の綺麗さに感動した秋

大人への扉を開いた冬

 

(…色々と察してください、詳しくは気が向いたら)

 

一年を早く感じることは幸せなことだなあと

しみじみと感じています。

少なくとも暇ではなかったわけですから。

 

 

私的、今年の漢字は「逢」

素敵な出逢いに恵まれた一年でした。

 

人との出逢いももちろんですが、

演劇、エンターテイメントの世界に出逢うことができました。

観る側だけでなく、観せる側に立つこと。

劇団ビーチロックにも参加し、学んでいます。

 

観せることを考えるようになってから、

モノの見方が変わりました。

様々な角度から物事を捉えることを心掛けるようにしています。

日々、新しい発見を楽しんでいます。

 

この世界に出逢えたことを嬉しく思い、

全てのご縁に感謝します。

 

これから、どんな世界に出逢えるのでしょうか。

まあ、来年のことは年が明けてから。

 

今年も一年、ありがとうございました。

 

 

さあ、紅白を楽しみましょうかね。

 

2016.12.31

劇団という道。

3ヶ月ほど前から、

「劇団ビーチロック」という劇団に所属しています。

 

 

「劇団ビーチロック」とは、

 

沖縄本島・北部、やんばるの大自然の中にある

「BEACH ROCK VILLAGE」を拠点に、

2014年より誕生した劇団。

ビーチロックビレッジ代表・新井章仁を中心に、

個性あふれるメンバーが全国から集まる。

沖縄で

「生きるたくましさ」や「ゆるす優しさ」を感じながら

日々、エンターテイメントを生み出している。

 

詳しくはこちら↓

http://www.beach69.net

 

 

まだ出演した舞台は数えられるほど、

新人の中の新人といったところでしょうか。

 

 

なぜ劇団に入ることになったのか。

 

2016年9月12日、劇団☆新感線さんの舞台

「Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜」

を観劇しました。

人生で初めての劇団の公演でした。

きっかけは、

出演している神山智洋くんのファンだったから。

(…完全なる追っかけです。)

 

でも、観て驚きました。

「ああ、こういう世界があるんだ。」と。

たくさんの人が一緒になって観客を楽しませる。

観客のスタンディングオベーション

なんともいえない高揚感と、憧れ。

今まで知らなかったことへの悔しさも。

 

沖縄に戻って、検索しました。

沖縄でも観れる舞台はないのか、と。

 

そこでヒットしたのが

「劇団ビーチロック」だったのです。

 

すぐにある公演を予約し、観劇。

そしてその場で

「一緒にやらせてください。」とお願いしました。

 

これが劇団へ足を踏み入れた瞬間でした。

 

目指すところは裏方ではあるけれど、

舞台に立つ表も学んだら面白いのでは、と考えて、

役者という選択肢を選びました。

 

次の日の稽古から参加し、3ヶ月。

未経験な自分にとって何も分からない世界。

楽しさ、嬉しさと共に、悔しさがあり。

でも、本当に素敵な経験をさせてもらいました。

 

劇団生活、まだ始まったばかりです。

きっと、演劇の「え」の字も知らないのです。

 

どれだけのことを学べるのか、それは全て自分次第。

今はただ、全力に、がむしゃらに、

刺激的な日々を楽しみたいと思います。

 

 

さあ、面白い人間になるで。

 

2016.12.26

 

 

自己を紹介します。

1996年12月3日生まれ(現在、20歳)

AB型

 

兵庫県たつの市に生まれ、育ち

只今、沖縄にある名桜大学の2年生

 

得意なのは、人と話すこと

苦手なのは、お酒の席(…好きになりたい)

 

沖縄県北部を中心に活動する

「劇団ビーチロック」の新人役者

 

夢は、

エンターテイメントを創り出す人になること

舞台やコンサート等の裏方の仕事がしたい

(…今のところね)

 

こんなところでしょうか。

きっと、もっと、あるけど。

 

とにかく面白い人間になるべく

日々を楽しみ、笑って過ごしています。

 

宜しくどうぞ。

 

2016.12.26